おすすめリンク

京都にいる優秀な矯正歯科

京都には患者さん目線になってくれる優秀な矯正歯科の先生がいます。信頼出来る治療方法!

歯の定期検診で歯の健康を守ろう

虫歯を最小限に削って、型を取らずに削った部分をコンポジットレジンと呼ばれる樹脂で埋める治療があります。歯の健康な部分を削ることなく、虫歯の部分だけを削ります。そこに粘土状のレジンを埋めます。詰めものの型を取らないので、その日その場で治療できて、通院が少なくてすみます。

できるだけ削らないでコンポジットレジンで治療

口の中の健康は、全身の健康状態に直結しています。
歯が痛いのを我慢するのはとても難しいです。定期的に歯科で診断を受けて、健康的な歯を維持しましょう。
歯科検診を受けたとき、C1、C2などの言葉を聞きます。これは虫歯の状態を表しています。
C1は表層のエナメル質にのみ穴が開いている状態です。痛みがないので放置してしまうことがありますが、大きな穴への進行を抑えるため早く治療するようにしましょう。
C2はエナメル質を破り、より歯の内側まで虫歯が進んでいる状態です。歯がしみる場合は、C2の歯があるかもしれません。
C3はさらに進んで、虫歯が歯の神経に達していて、炎症が起きている状態です。歯がひどく痛むので早急に治療が必要です。
C4は、大きな穴が開いた状態で、虫歯菌が血管を通って身体の他の臓器に影響を与える場合があります。全身の健康の悪化につながるので、こうなる前にしっかり治療しましょう。
最近では、定期的に歯科検診を受けることが推奨されています。歯石を取ったり、虫歯になりそうなC0の状態に気づいたり、自分では気づきにくいことを見つけられます。虫歯は、進行すればするほど治療が大がかりになります。最悪、抜歯することになるかもしれません。年に一回の身体の健康診断と同様に、半年に一回、歯科検診を受けることをおすすめします。
検診を受けていても、虫歯になってしまったら、適切な治療を受ける必要があります。
ここでは、最新の虫歯の治療方法について見てみましょう。

中くらいの虫歯の治療

C2やC3程度の虫歯になってしまったら、コンポジットレジンより丈夫な詰めものでの治療がおすすめです。金属かセラミックでの治療になり、型を取る必要があるので、削るときと詰めるときの2回の通院が必要です。詰めものによっては保険が適用されない場合があるので、病院と相談しましょう。

大きくなってしまった虫歯の治療

C3以上の虫歯で大きな穴が開いて痛みがひどく、神経までいっている場合は、神経を抜く治療や抜歯が必要になってきます。 治療も大がかりになり、通院回数や日数、費用もかかります。 痛みがないからといって虫歯を放置していると、いざ歯が痛んでから大変な治療になるので、常日頃からの歯の検診をおすすめします。

△ ページTOPへ