歯の定期検診で歯の健康を守ろう

コンポジットレジンがおすすめなワケ

C1~C2レベルの治療なら、コンポジットレジンがおすすめです。
ほとんどの治療が1回で終わり、費用も健康保険が適用されて3割だと歯1本につき2千円程度です。
治療するときに虫歯の部分だけを削るため、最小限の削りで済みます。
その削ったところに、コンポジットレジンという柔らかい粘土のようなプラスチック樹脂を埋め込みます。コンポジットレジンは光を当てると短時間で硬くなります。歯とコンポジットレジン自体が接着するので、どんな形の虫歯の穴にも詰めることができ、型を取ったり、詰めものやかぶせもののために歯を大きく削ったりする必要がなく、身体に優しい虫歯の治療方法です。
また色も歯の色に合わせられるため、金属の詰めもののように口を開けたときに目立つようなことはありません。

コンポジットレジンのデメリット

コンポジットレジンは、歯と同じくらいの硬さです。そのため、年数がたつとすり減ったり欠けたりすることがあります。
このため、欠けたりすり減ったりすると再度治療する必要が出てきます。歯ぎしりや歯を食いしばる傾向にある人にはあまり向いていません。力のかかる奥歯の治療にも向いていません。
また治療して詰めたときは白色ですが、年数がたつと変色する場合もあります。
色が変色して目立つようであれば、歯科医に相談してみましょう。
ただ、定期的にメンテナンスしている場には異変も見つけやすいので、上記のようなデメリットもありますが、歯への負担や時間的経済的負担が少ないことからおすすめの治療方法です。また比較的新しい素材であるため、今後もさまざまな研究が進み、よりよい治療へとつながっていくでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ