中くらいの虫歯の治療

金属の詰めものは安価で丈夫で長持ち

健康保険の適用内で治療するなら金属の詰めものになります。いわゆる「銀歯」です。
虫歯の治療後、型取りが必要なため、2回の通院になります。費用的には保険適用で歯1本につき3千円~5千円程度です。
金属は丈夫なので、歯ぎしりなどで歯に負荷を掛ける傾向の方には特におすすめです。
ただ、口を開けたときに目立つなど見た目が悪い、金属アレルギーなどの欠点もあります。また内部で虫歯が広がっていても気づかない場合もあります。
保険適用外で金合金を利用することもできます。金合金は腐食しにくくて歯となじみやすく、歯と同じようにすり減っていくので、自然な感じで長期間メンテナンスしなくても済みます。ただ、健康保険が適用されないため、費用が5万円程度と高額な点に注意が必要です。

セラミックやプラスチックで見た目よく

虫歯が目立たないよう白い歯を同じ白で治療したいと思うでしょう。
セラミックは自然な色合いで埋めたところの歯と見分けがつきません。
ただし、陶器と似た材質のため、欠けることがあります。すり減ったり変色したりすることはありません。
虫歯の治療後、型取りして詰めるため、金属の治療と同じように、2回の通院が必要です。ただ、健康保険の適用外のため、歯1本につき4万円~5万円の費用がかかります。
セラミックは高額ですが、最近ではハイブリッドセラミックという詰めものも出てきました。セラミックとプラスチックでできた素材で、セラミックよりは費用を抑えられます。
特に金属アレルギーのある方は、歯科医師と相談して詰めものを選んでみてください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ